Home > column > Vol.53「10分トーキング~その2~」

Vol.53「10分トーキング~その2~」

 またまた更新もサボりがちでシーマセン。
 そのぶん来月あたりからプロデュース作品がコンスタントに世に出ていきます。それに先がけて来週には東方神起のニューシングル「Begin」が。請うご期待。

 では本日もしっかり10分間計時して書きます。 

 サッカーW杯日本チーム第1戦、私は友人たちと代官山の某レストランで観ました。もともと大物男性シンガー某氏参加の報せを聞いて足を運んだのですが、彼は試合に備えて打った針が効きすぎたとかでドタキャン。結局、隣のテーブルで盛り上がっていた「不倫は文化だ」発言で知られる俳優某氏たちと一緒にワイワイ観戦。最終的には店内100名ほどの客が一体化していましたな。パブリック・ビューイングの醍醐味ってヤツですな。

 前回のW杯は、公式テーマソングをプロデュースした関係で矢鱈と会場に足を運んだものです。ソウルでの開会式に始まり、第1戦フランス対セネガルの大番狂わせの目撃者にもなりました。あと日本チームの試合をいくつか、そして決勝のブラジル対ドイツ。熱心なファンとは呼べない私には勿体なかったかも。前述のセネガルのように、かつての宗主国と戦うチームの試合に尋常じゃないエネルギーを感じたことが強く記憶に残っています。

 話は代官山の夜に戻ります。対オーストラリア戦を観たあと、代官山のお店を出た私はゴスペラーズ黒沢薫、酒井雄二両氏とバーで合流。痛飲。黒沢くんとは先週も深酒して自宅まで送ってもらったんですけど…。初めこそサッカー敗戦の話題でしたが、それはただのきっかけで、実にいろんな話を。で、合間には黒沢くんが持ち込んだ彼お手製のカレーをいただく。いつもながらに美味。それはそれは愉しき時間で。

 ファンの方には説明する必要もありませんが、黒沢くんのカレーに関する経験と見識そして技術はプロフェッショナルの域でありまして、『ぽんカレー』なるレシピ本も出してるほど。カレーを特集した『danchu』最新号(7月号)ではなんと表紙に登場!それと山下達郎さんが表紙の『東京かわら版』最新号(6月号)はいい意味でニコイチですな。もとい、私も今年の正月に黒沢くんから秘伝「ぶりカレー」の直筆レシピをもらって以来、ことある毎に作っているのですが、これが本当に美味しい。カレーに鰤と西京味噌なんて入れちゃうわけですよ彼は。素人の私は半信半疑のままル・クルーゼに向かうのですが、それでもレシピ通り作れば成功しちゃう。料理ってまず計量からだなあと。

 川口大輔和田昌哉ファットバック・バンドシャラマー…etcのライブ記も書きたかったのですが、ここまで9分48秒。これにてお時間となりました。

 では、また来週。

 

 
東方神起「Begin」 左はCD+DVD、右はCDのみ

Home > column > Vol.53「10分トーキング~その2~」

Return to page top