Home > Archives > 2005-05-25

2005-05-25

Vol.18「ステッピンアウト!」

 大雨が降ったり、さわやかな陽気になったり、そんな今日この頃。
 昨夜はいま久しぶりにご一緒している今井大介さんと、仕事終わりに二人で痛飲しました。ワインバーを皮切りに、シングルモルトのバー、シメはラーメン屋さん。R&Bとジム通いが好きという共通項がある二人、一軒目ではフィットネスの話で盛り上がっていたのに、最後にラーメン食べちゃ意味ないです。でも美味しいんですねえ、これが。
 ま、背徳感は最高のスパイス、というお話。人生がそうだとは言わないけれど。

 今日(5月25日)は大竹佑季ちゃんのデビュー日です。とにかく素敵な歌声の合唱少女がいると聞いて、仙台の某有名女子高を訪ねたのは彼女がまだ16歳の冬でした。ストーブの懐かしい温もりにつつまれた音楽室でジャージ姿の合唱部員たちに囲まれ、ちょっとドキドキしたことをよく覚えています。
 そんな佑季ちゃんも先週末にはめでたく18歳に。今日のデビューはもっとめでたいですな。俗に言う「盆と正月がいっぺんに」って感じ?よかったね、佑季ちゃん。

 さて、本日5月25日は私の周辺でもうひとつめでたいことが。
 長年にわたる知人である『バァフアウト!』編集発行人の山崎二郎さんが、『バァフアウト!』本体とは別に、まったく一人で立ち上げ、編集された雑誌『ステッピンアウト!』が本日創刊なのであります。

 『STEPPIN’ OUT!』(ステッピンアウト!)Volume 0
  発行 ティー・シー・アール・シー http://www.barfout.jp

 この数年というもの、巷では30~40歳代という年齢層をターゲットにしたラグジュアリーな男性誌がちょっとしたブームというか市場を形成しています。それはそれで読むのは嫌いじゃない私。ただ、80年代に『宝島』、90年代に『バァフアウト!』を読んで青春を過ごしてきたオレは今何読んだらいいのさ!とお嘆きのサブカルチャー愛好者も少なくないようです。そんな諸兄におかれましては、ラグジュアリー系男性誌のトーン&マナーにはちょっと違和感があるんでしょうな。それはそれで理解できる私。

 で、ミスター・バァフアウト!の山崎二郎さんが昨今の男性誌ブームに対して出した回答、それが『ステッピンアウト!』なんですね。私も1982年の発表当時にシビれまくっていたジョー・ジャクソンの名曲に由来する誌名もさることながら、とにかく山崎さんの本気が凄いです。ほんの微細なことから全部ひとりでやっていらっしゃいます。私も彼との対談に呼ばれていろいろと楽しくお話ししてきました。座談の名手とは彼のような人のことを言うのでしょう。自分でも忘れかけていたような記憶をたくさん引き出されました。脳をゆっくり開かれる感じ、と言えばよいのかな。「おすすめディスク」なんて企画もあります。是非ご一読を。

 あ、そういえば山崎さんもジム通いの人でありました。その理由は「野球がうまくなりたいから」ですと。さすが、年季の入った少年です山崎さん。

 それでは、また来週。

 


ジョー・ジャクソン『Night and Day』(1982)
LPの中写真には、スタジオにマービン・ゲイのベスト盤を
持ち込む彼の姿が。

Home > Archives > 2005-05-25

Return to page top