Home > Archives > 2005-10-26

2005-10-26

Vol.36「サンタモニカ、1996年」

 突然ですが、ラジオ出演情報です。明日(10月27日)J-WAVE『BOOM TOWN』(09:00~11:30)にちらっとコメント出演します。10時50分前後のコーナーだそうです。残念ながら首都圏にお住まいの方しかお聴きになることができませんけど。お題は例のルーサー・バンドロス・トリビュート盤『So Amazing』。収録はすでに先日済ませておりまして、お気に入りの曲ベスト3なんて挙げてきました。お時間に余裕のある方はどうかお聴きくださいな。お聞き逃しの方は、先週もお知らせした山下達郎さんとの30日のNHK-FM『サウンド・ミュージアム』(19:20~22:00)を是非。こちらではルーサーのソロ曲のみならず、ボーカル・グループLUTHER時代の曲もオンエアします。

 10月19日に「グローリアス・ソウル・ジェムズ・シリーズ」と銘打ったソウル名盤シリーズが一挙11タイトル発売されました。アルバムによってはボーナス・トラックを多数収録し、紙ジャケ、各1890円という嬉しいリイシューです。先日、このシリーズの企画者で私とは旧知の栗原憲雄さん(ソニー・ミュージック・ダイレクト)からご連絡がありました。今回の目玉のひとつテルマ・ジョーンズと私がLAで会った話などをしているうちに、自分でも忘れかけていた記憶が少しずつ甦ってきました。ソニー屈指の洋楽マニアとして知られる栗原さんがたいへんな聞き上手でいらっしゃるせいでしょうか。

 1996年。その頃私が定宿にしていたサンタモニカの某ホテルのラウンジでテルマは専属シンガーとしての職を得ていました。私は28歳でした。が、おそらく彼女の目には成人したての若者と映っていたはずです。テルマは1942年生まれですから、その時すでに50代でした。合衆国内の地方からの客が多勢を占めるそのホテルのラウンジに、悲しいかな、昔年の彼女の名声を知るらしき者はひとりとて見当たりませんでした。ラウンジ・シンガーは聴き手を選べません。客は歌を目当てにそこに座っているのではないのですから。

 テルマはスタンダード・ナンバーや当時のTOP40ヒットを、類型的なラウンジ・ピアニストの伴奏で、類型的なラウンジ風解釈で歌っていました。酔客よりむしろなじみの従業員たちに向かって歌っているようにも見えました。唯一のアジア青年が彼女の歌声を「主体的に」聴き込んでいるとは想像もしなかったでしょう。終演後に彼女に声をかけ、ひそかに持参したアルバム『Thelma Jones』を見せた時の呆然とした表情が忘れられません。それからしばらくの間、彼女と楽しく歓談したのがいい思い出です。

 そのホテルのプールで泳ぎ、ジムでワークアウトをこなす。インタビューに出向いては客室に戻って原稿を書き、フロントから日本に原稿を送る。バーでビールを呑んで日が暮れるのを待つ。友だちとパーティーに潜り込んではセレブリティを見つけて感心し、ホテルに戻ってバーで酒を呑む…それが当時の私の平均的な1日の過ごし方でした。

 音楽と関わって生きていくうえで、この気ままな生活スタイルこそが最高だと思っていましたが、今となってはずいぶん規則的な毎日だったことにあらためて驚きます。アトランタ五輪の開会式もそのバーのテレビで観ました。長年誘われていたプロデュース業に本腰を入れ始めるのはそれからしばらくしてのことです。

 あれから10年近く。人生は長いが、1日は短い。最近ではそう思うようになりました。

 それでは、また来週。

 


『Thelma Jones』(1978)

Home > Archives > 2005-10-26

Return to page top